保険について

終身保険を解約して減ったお金を取り戻す方法<投資信託>シミュレーション

Insurance illustrations by Storyset

投資信託で取り戻せる

こんな人集まれーー!

  • 終身保険を解約したらお金が減るのが嫌で解約に踏み切れない人
  • 終身保険を解約して減ったお金を何とかしたい人
緑どすおとん
緑どすおとん
投資資金が欲しくて終身保険を解約したら、
めっちゃ損した…
赤どすおとん
赤どすおとん
損した分は投資信託で取り戻せるよ!

投資資金確保のために終身保険を途中解約した場合
解約返戻率(かいやくへんれいりつ)によって
積立金の一部が返ってこないことがほとんどです。

途中で解約したペナルティみたいなものですね。

積み立てていた金額が大きい分、
損するお金も多いですが

損したお金は、投資信託で取り戻せます!

ただし、ここで注意点です。

  • あくまでシミュレーション
  • 投資信託にも掛金が減るリスクは存在する
  • 100%うまくいく方法ではない

なので、正しくは

損したお金は、投資信託で取り戻せる可能性があります!

ですね。
すみません。

でも、
リスクを許容できなければ損失は取り戻せないので

比較的無理のない、

現実的な方法で

となると、やはり

投資信託かなと考えます。

その方法とは、

どすおとん的結論
  1. まずは情報整理
    • 解約で戻ってきた金額を確認
    • 今後、保険に払うはずだった保険料の月額を確認
    • 今後、支払いつづけるはずだった期間を確認
    • 保険料の総額を確認
  2. 整理した情報をこちらのサイトでシミュレーション
  3. 提案されたポートフォリオ通りに投資信託を毎月買い付け続ける

です。
ご参考になればうれしいです。

以降では、
この結論に至った経緯を詳しく
解説しています。

投資信託でお金を取り戻す手順(シミュレーション)

実際に私が加入している終身保険の条件で
シミュレーションしたいと思います。

現時点ではまだ加入中なのですが、
今後はこのシミュレーションをもとにして
実際に解約する予定です。

*********
~少しだけほかの記事の紹介~

※※これを見なくても、以降の記事はお読みいただけます※※

以前、

  • 終身保険とは何ぞやを知るため
  • 私が加入しているソニー生命の終身保険の内容について確認するため

の記事を書いています。

ここの内容の「ドル建て終身保険」の条件を使って、
シミュレーションをします。

もし、

  • 終身保険のことを知りたい
  • ソニー生命の終身保険を詳しく知りたい

という方は

よろしければご覧ください。

【ソニー生命】一から始める保険の勉強<ドル建終身保険とは?>資産運用中の皆さんへ、入金力アップの近道「固定費削減」に有効とされる「保険の見直し」。やりたいけど複雑でわかりにくい…見直す以前に「保険を知ること」から一緒に始めていきましょう!ソニー生命に加入している方のための「ドル建終身保険」をざっくり解説!...
【ソニー生命】一から始める保険の勉強<ドル建生前給付終身保険とは?>資産運用中の皆さんへ、入金力アップの近道「固定費削減」に有効とされる「保険の見直し」。やりたいけど複雑でわかりにくい…見直す以前に「保険を知ること」から一緒に始めていきましょう!ソニー生命に加入している方のための「ドル建て生前給付終身保険」をざっくり解説!...

終身保険を解約して減ったお金を確認

緑どすおとん
緑どすおとん
年間30万円を3年間支払い(90万円)、
4年目で解約した場合の
解約返戻率が67%なので
返金は60万円(30万円、1年分の保険料がパー!!)
赤どすおとん
赤どすおとん
この30万円
投資信託で取り戻してみましょう。

取り戻したいお金は、
30万円
と決まりました。

終身保険を解約しなかった場合のお金はどうなるか

ここで、
終身保険を解約しなかった場合の
お金の状況をおさらいです。

  • 一年間約30万の保険料
  • 15年間払い続ける
  • 15年後の支払い総額450万円
  • 17年後からはお金が増えていく
  • 30年後には140%に増える(630万円)

なぜここで
おさらいするかというと、

投資信託でお金を取り戻すために使える時間

を確認するためです。

緑どすおとん
緑どすおとん
いや、秒で取り戻したいし…

と誰しもが思いますが、

秒で取り戻すためには
おそらくギャンブル的なものを
行わなくてはいけないでしょう。

ですので、ここでは

比較的無理のない、

現実的な方法

を考えます。
その手段が投資信託なんですけどね。

12年で30万円取り戻すことを目標にする

緑どすおとん
緑どすおとん
終身保険を解約しなければ、
15年後には450万円になるんだよね?
赤どすおとん
赤どすおとん
そうだね。だから、
4年目から60万円を元手に
投資信託で毎年30万積み立てて運用して
12年で30万円取り戻す
(12年後に450万円にする)

ことを目標にしよう!
緑どすおとん
緑どすおとん
…ちょっと難しくなってきたな。

少し情報量が多くなりました。

詳しく整理していきます。

投資信託に使える最初の投資資金(元手)=解約して帰ってきたお金

赤どすおとん
赤どすおとん
「4年目から60万円を元手に」

この意味は、

4年目で終身保険を解約したら
今まで3年間払ってきた
30万円×3年=90万円が
解約返戻率67%をくらって60万円になるので

投資信託に使える最初の
投資資金が60万円
だからです。

毎年の保険料を投資信託代に変更する

赤どすおとん
赤どすおとん
「投資信託で毎年30万積み立てて運用して」

この意味は、
示していることが結構複雑です。

がんばりましょう。

終身保険を解約しなければ、
毎年30万円を終身保険に使うわけです。

ですから、

終身保険に使う代わりに
毎年30万円を
投資信託に使っていく

ということです。

保険料を払い終えた時と同じ金額になればいいと考える

赤どすおとん
赤どすおとん
「12年で30万円取り戻す
(12年後に450万円にする)」

この意味は、

終身保険を解約しなければ、
30万円を15年間払い続けているので
15年後には450万円になります。
(30万円×15年=450万円)

投資信託を始めるのは4年目からなので
(3年間は保険を払っている期間で
過ぎてしまっているので)

解約しないでいた時と同じ
450万円にするために
残された期間は12年間

ということです。

投資信託使えるお金・期間が決まった!

ここまでのことをまとめると、
保険の解約で減ったお金を取り戻すための
投資信託に使えるお金・期間が決まります。

お金取り戻しプラン
  • 元手は60万(解約時のお金)
  • 毎年30万使う(使用用途を保険→投資信託へ)
  • これを12年間続ける
緑どすおとん
緑どすおとん
計画は分かったけど、
具体的にどう
取り戻せる
の?
赤どすおとん
赤どすおとん
ここでは簡単に、
外部サイトのシミュレーション計算をしてみるよ。

投資信託をどのような割合で買えばよいか計算する

こちらのサイト(モーニングスター)が
とても分かりやすいです。

今までに整理した情報を入力すると、

それを実現するための
(お金を取り戻すための)投資信託のポートフォリオがわかります。

緑どすおとん
緑どすおとん
投資信託のポートフォリオとは、
「投資信託の種類の組み合わせ」
というイメージです!

実際にやってみましょう。

まず、次の画像のとおりに
今までの情報を入力します。

シミュレーション計算(情報入力)
緑どすおとん
緑どすおとん
入力ができたら、
「利回りを計算する」
ボタンをクリックだよ!

すると、計算結果が出てきて、以下のことが分かります。

  • どのような種類の投資信託を
  • 月々いくら買えばよいか
シミュレーション計算結果
赤どすおとん
赤どすおとん
この通りに投資信託を買えば、
お金を取り戻せる可能性があるんだね!
緑どすおとん
緑どすおとん
解約してお金が減って落ち込んでいたけど、
投資信託で損失をなかったことにできるのは
嬉しいね!
赤どすおとん
赤どすおとん
でも、今までの話はまだ
序章に過ぎないんだ。
まだ、考えていないことがあるよ。
緑どすおとん
緑どすおとん
えっ!?

ただし、取り戻せるのは序章に過ぎない

今までで考えてきたのは、

「終身保険の解約で減ったお金を取り戻す」

部分だけでした。

ここで、もう一度、
終身保険を解約しなかった場合の
お金の状況をおさらいです。

  • 一年間約30万の保険料
  • 15年間払い続ける
  • 15年後の支払い総額450万円
  • 17年後からはお金が増えていく
  • 30年後には140%に増える(630万円)
緑どすおとん
緑どすおとん
増えていく…?
この部分をまだ考えていない…!!
赤どすおとん
赤どすおとん
その通り!
投資信託にするのはいいけど、
終身保険みたいに
増やせるのか?
これもしっかり知っていかないとね!

というわけで、
まだまだ知るべきことは多そうです。

頑張りましょう!

保険も投資も、

自分できちんと”ある程度だけでも”わかること

これがとっても大事です。

私もしっかり学びます。

そして、知ったことをブログにまとめて

発信することを頑張ります!