ワーキングマザー

時短勤務中で評価されなくて落ち込んだので状況分析!

こんにちは。どすおとんです。

時短勤務のワーキングマザーの皆さま
いらっしゃいませ。

  • 時短勤務しているから評価を下げられる
  • 頑張っているのに時短勤務だから評価してもらえない

って思いますよね。

私どすおとんも、本日しっかりと

低 評 価 を頂戴して参りました

緑どすおとん
緑どすおとん
評価されない社会がニクイ…

あんまりにも腹が立つもんですから
メンタルを落ち着かせるべくブログを書いて
状況を整理していきます

おもしろおかしくね。

何かみえてくるかも。

  1. おかれている状況を冷静に考えてみる
  2. 評価を上げるためにはどうすべきか考えてみる
  3. 自分はどうありたいのかを考えてみる

みなさんは、どうでしょうか?
一緒に考えてみませんか。

のんびり、好きな飲み物飲みながら。
すっぴんで。
ゆったり部屋着で。

①おかれている状況を冷静に考えてみる

時短勤務だから評価されないわけではない(多分)

今回の低評価を言い渡された際に

上司
上司
非常に頑張ってはくれているけど…
時短勤務だからね。
どうしても評価は下がるよ。
赤どすおとん
赤どすおとん
え…じゃあどうすれば?
上司
上司
フルタイムの人も頑張っているし…
フルタイムの人でいう最高評価をとったら
認められて普通評価は得られるんじゃないかな?
赤どすおとん
赤どすおとん
…無料ゲー!!(心の声)

自分だって頑張っている!

限られた時間で、仕事こなしてる!

時短している分、給料カットで
ペナルティは十分受けてる!!

むしろ、残業だらだらしている奴なんかより
よっぽど優秀でしょうが!!!

って思いました。

でも、

フルタイムの人だって確かに頑張っている。
悔しいが、そうだ。

自分が退社した後、
できない分を進めてくれている人がいる。

悔しいが、そうだ。

決まった時間内で仕事をこなすのが精いっぱいで
フルタイムの人以上のパフォーマンスが
できているか?

悔しいが、ちがう。

確かに、私もあなたも「頑張っている」

でも、

悔しいが、

フルタイムの人には

パフォーマンスで勝てていない。

だから 評価が低いのだ。

  • 確かに(自分なりには)頑張っている(そこは認めていい
  • でも、フルタイム以上に成果は出ていない(悔しいが、受け止める
  • 時短だからだけではなく、そもそも自分が評価されるに値しない(かなりきっついが、受け止める

②評価を上げるためにはどうすべきか考えてみる

どう考えても「フルタイムに戻す」が最適解

緑どすおとん
緑どすおとん
いろいろ考えるけど、フルタイムに戻すのが一番楽だわ~…
赤どすおとん
赤どすおとん
会社としても評価がシンプルになるからね…

時短だから評価下がるといわれている以上、
これしかないですね。わかってはおります。

作戦1:フルタイムに戻す

上司
上司
非常に頑張ってはくれているけど…
時短勤務だからね。
どうしても評価は下がるよ。
緑どすおとん
緑どすおとん
…では、時短をやめます
作戦1:フルタイムに戻す

評価アップ期待度:★★★★★
   実現可能度:★★★☆☆

フルタイムに戻したら、

  • 今まで通りやるだけで簡単に評価を上げられる:◎←当たり前
  • 夫の協力が必要不可欠:△←負担増で家庭円満の行方は?
  • 通院を平日するなら、有休必須:△←これは問題ないかも
  • 子どもといる時間が減る:×←育児は今しかできない

私の場合は
こんな感じでした。

やればできそうだけど、
家族にしわ寄せが行きそうな感じがして
ついついデメリットを多く挙げてしまいました。

緑どすおとん
緑どすおとん
…フルタイムに戻したくないの?

作戦2:時短で最高評価を獲る

上司
上司
フルタイムの人も頑張っているし…
フルタイムの人でいう最高評価をとったら
認められて普通評価は得られるんじゃないかな?
緑どすおとん
緑どすおとん
わかりました!
私、やり遂げます!!
最高評価、とったります!!!
作戦2:時短で最高評価を獲る

評価アップ期待度:★☆☆☆☆
   実現可能度:★☆☆☆☆

最高評価を獲りにいくには、

  • 時短をやめなくていい:◎←家事と育児の両立カッケー
  • 短時間でフルタイムを出し抜く秘策が必須:×←詐欺まがいの情報商材屋みたいないうまい話ある?
  • 全社的な認知が必須:×←フルタイムの人も他部署もみーんなに「頑張ってるよね^^」って思ってもらえるかな??
緑どすおとん
緑どすおとん
現時点で頑張っているつもりの奴が、
時間内でこれ以上すごい評価出せないな…
普通に考えて。

作戦1でも作戦2でも「時間外」で取り組む必要あり

ここまで整理してきて、
「時間外の取り組み」が必須であることが分かってきました。
どのような時に必要かというと、
少なくとも

  • 不測の事態で欠勤した場合(作戦1)
  • 成果を出すために+αの学びをするため(作戦2)
  • ミス発生や緊急依頼が来た場合(いずれも)

三点目については、
今でもやってはいますが

評価を上げたりフルタイムになったら
仕事を全うする責任はますます増えるでしょう。

緑どすおとん
緑どすおとん
ここで、「時間外の取り組み」が
できるのかを考えてみよう!
赤どすおとん
赤どすおとん
タイムスケジュールを描いてみたよ!
どすおとんのタイムスケジュール

取り組めるかもしれない:緑
家庭を顧みなければ取り組めるかも:黄
睡眠時間を削る:黒

という感じでした。

ここまで考えて、
使える時間があるならば

  • ブログ書きたい!!(特にこれ)
  • お金の勉強したい!!
  • のんびりインターネットしたい!!

と思ってしまったし、
なにより

育児時間を減らしてまで
仕事はしなくていいな

と感じました。

緑どすおとん
緑どすおとん
それが私の答えだね!

なんだか、少しすっきりしました。

働きたくなったら働けばいい

育児は大変です。

自分の時間はないし、
心配事は尽きないし。

でも、私にとっては

もしかしたら、生涯育てることができるのは

今の息子だけかもしれない

そう思うと、

めっちゃショボい母親ですが

勝手にそうしますが

やっぱり時短をさせてもらって

子どもと共に

ゆっくり成長できればなと思いました。

緑どすおとん
緑どすおとん
働きたくなったら、もちろん
「作戦1」でいきますわ!!